ドローンフロンティアのコラム

東京・足立区を中心に活動する経験豊富な人材が集まるドローン専門会社

赤外線調査

外壁調査の手法は?打診調査と赤外線調査の比較とドローン活用の利点

投稿日:

東京・足立区を拠点に日本全国対応にて本物のドローンソリューションサービスを提供しているドローンフロンティアです。
弊社ではドローンを活用した赤外線外壁点検調査を、建築基準法に則って実施しております。
外壁調査というと打診調査がメジャーですが、どのような手法で調査してもらうのが良いか分からず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
この記事では外壁調査の依頼を検討する際に知ってほしい、打診調査・赤外線調査それぞれの比較と、赤外線調査においてドローンを活用するメリットをお伝えします。

打診調査の特徴:人が作業できる範囲であれば手軽に実施でき、確実性も高い


打設調査はタイルやモルタルの外壁をテストハンマーや打診棒を使って叩き、打撃音から浮きが発生している箇所や程度を把握する手法になります。現場でも確立された工法として定着しており、外壁調査におけるスタンダードと言えるでしょう。
打診調査は建物の一階部分や共用部分といった、作業員が立ち入れる範囲であれば手軽に実施できるのが一つの強みとなります。さらに、直接外壁に触れて実施する手法のため、どのような状況下であっても異常のある箇所を感知する精度が高い水準で期待できるのも特徴です。

一方、高所の場合は足場を組むか他の手法を使わないと調査を行うことが不可能です。
加えて、打診調査で正確に異常を検知出来るかどうかは調査員の現場での経験数によって左右される要素が無視できません。具体的には様々な打音を聴き分ける聴覚は場数を踏まえていく中で習得できるものになります。

赤外線調査の特徴:温度変化を用いたスピーディーな非破壊検査

※上記は実際の調査の様子です。

赤外線調査の場合は打診調査と異なり、建物に直接触れることなく調査を行います。
具体的には外壁のタイルやモルタルの温度変化を赤外線で可視化します。そのため、作業するための足場の仮設なども不要となります。
仮に外壁に浮きが生じている場合、壁の隙間にある空気が温められます。すると、正常な外壁部分の温度と見比べると浮きの箇所だけ高い温度分布になっているため、一目瞭然です。
そのため、打診調査よりも短時間で調査を行うことができ、タワーマンションであれば早くても1日あれば調査を完了させることが可能です。

しかし、赤外線調査は温度の差異から異常を探すという性質上、昼夜問わず日が全く当たらないなどで温度変化がほぼ出ないような環境下の外壁の調査は難しいという弱点があります。赤外線調査に適した条件を理解した調査員でないと、把握できる異常も見逃すリスクがあるため、実績のある業者を選ぶようにしましょう。

外壁調査でドローンを活用した赤外線調査が注目される理由


弊社を含め、近年ではドローンを活用した赤外線調査を行う業者が増えてきています。
ドローンを活用することによって得られる利点は2点あります。

まず一つは調査時間のさらなる短縮です。
赤外線調査は打診調査と比較して調査時間が短いと先述しましたが、ドローンを活用する場合、建物の周りを飛行して撮影・調査を行うため、当然ですが一か月ほどの仮設期間を要する足場が不要となります。最短半日程度で準備から調査を完了させることが出来るうえに高所でも調査対象として範囲を広げることが可能です。

そして、調査にかかるコストも安く抑えられます。
従来の外壁調査の手法では欠かせない足場やゴンドラといった仮設設備の準備には数百万円以上の費用がかかってきます。しかし、ドローンを飛行させて調査する場合はそれらの準備を丸々省くことが出来るため、必要最低限のコストで外壁調査を実施できます。

とはいえ、ドローン調査にも弱みはあります。
まず、調査対象の建物と周辺建物の距離があまりにも近いとドローンを飛行させることが出来ません。安全に飛行させるという側面から、高速道路や鉄道の線路と建物が面しているケースも同様にドローン調査が難しいです。
また、ドローンを離発着させるためのスペースを確保する必要があり、駐車場をそのために活用することがありますが都内では駐車場がない建物もあります。
このような場合、弊社ではどのようなケースであっても対応可能なロープアクセス(高所などロープを使って到達し調査を行う手法)で補完しております。

ドローンを活用した赤外線調査は実績豊富なドローンフロンティアにお任せください


弊社では赤外線技能診断士が5人在籍しており、年間150棟以上の画像解析診断実績を誇っています。また、ドローンの操縦についても総飛行時間1,000時間以上のパイロットが多数在籍しており、安全に配慮した飛行を第一に調査を実施いたします。
ドローンを活用した赤外線調査は、赤外線の特性を理解し、適切な条件下で調査を行うことで、打診調査の9割程度の精度で結果を出すことが可能です。
まさに、「早い・安い・正確」の三拍子を実現できる調査手法となるため、外壁調査をこれから行おうと考えているお客様にぜひおすすめしたいと考えております!
特にタワーマンションの調査では足場を組み立ててしまうと、時間も費用もかかりますが、ドローンを使用すれば1日で調査が完了し、素早く修繕費用の見積もりを出すことが可能です。
ドローンフロンティアでは日本全国でドローンの飛行許可を取得済みですので各地への出張調査にも応じております。
外壁調査でお困りの方はぜひ一度ドローンフロンティアへご相談ください。

-赤外線調査

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大規模修繕でドローンを活用|どこまで調査できるのか?

東京・足立区を拠点に日本全国対応にて本物のドローンソリューションサービスを提供しているドローンフロンティアです。 弊社ではドローンを活用した赤外線外壁点検調査を、建築基準法に則って実施しております。 …

ドローンフロンティアの外壁調査は画像解析から報告書作成までをワンストップ!

東京・足立区を拠点に日本全国対応にて本物のドローンソリューションサービスを提供しているドローンフロンティアです。 今回はここ数年で急激にニーズが増した赤外線による外壁調査についてお話しします。赤外線に …

赤外線による外壁調査、ご依頼の前に問題点をちゃんと把握!

東京・足立区を拠点に日本全国対応にて本物のドローンソリューションサービスを提供しているドローンフロンティアです。 弊社ではドローンを活用した赤外線外壁点検調査を実施しております。 赤外線調査の詳細はコ …

外壁の赤外線調査にドローンが大活躍!

東京・足立区を拠点に日本全国対応にて本物のドローンソリューションサービスを提供しているドローンフロンティアです。 ドローンというと人が到達できないような険しい地形の空撮やコンサートやスポーツ試合におけ …