受講企業100社以上 最短2日で「国交省認定資格」が取得可能!! 卒業後のアフターフォロー充実の産業用ドローンパイロット育成スクールなら東京足立校 最短2日で「国交省認定資格」が取得可能!!

私たちは、ただドローンのことだけを教えるのではなく
お客様が現場でドローンを最大限活用することを
想定した講習を行っております。

ADC足立校紹介動画

国土交通省登録・
講習管理団体
DRONE FRONTIER
×
ADC東京足立校

3つの特徴

業界屈指のハイレベルな講師陣

業界屈指のハイレベルな講師陣

弊校のインストラクターは全て総飛行時間1,000時間を超え、多くのTV番組や建設現場での撮影などで活躍をする現役実力派パイロット!

現場でのリアルな体験をもとに、丁寧にわかりやすく講習を行います。

実務に特化した
完全オリジナルカリキュラム

実務に特化した完全オリジナルカリキュラム

使用する教材・カリキュラムは、ただの「ドローンの教科書」ではなく、全て国内外多くの現場で活躍してきた現役パイロット達が監修した完全オリジナルカリキュラム!

常に最新の情報を基にアップデートしているので、安心してご受講いただけます。

みっちり教える少人数制

みっちり教える少人数制

昨今のドローンスクール流行に伴い、1人の講師に大人数の生徒を担当させる形式が増えましたが、弊校では開校以来受講生様に知識・技術をみっちり教える”少人数制”を敷いています。決して安くない金額をいただく分、それ以上の濃厚な時間を提供させていただきます。

講習を修了、試験に合格すると
国土交通省認定ライセンスと修了証が発行されます

国土交通省認定ライセンスの画像

6つの選べる講習会場

ADC東京足立校講習場所一覧

講習場所

埼玉講習場 SAITAMAドローン練習場
住所 〒331-0077 埼玉県さいたま市西区中釘1470-10
アクセス 西大宮駅からバスで30分
東京講習場 星槎国際高等学校 八王子学習センター
住所 〒193-0826 東京都八王子市元八王子町2-1419
アクセス 西八王子駅からバスで30分
東京都足立区講習場 TOKYO POOL LABO
住所 〒121-0061 東京都足立区花畑4-33-4
アクセス 竹ノ塚駅からバスで15分
神奈川県茅ケ崎市講習場 カルぺソール湘南スポーツクラブ
住所 〒253-0016 神奈川県茅ヶ崎市堤3260
アクセス 湘南台駅から芹沢入口へバスで40分
千葉県長生郡長柄町講習場 リソル生命の森
住所 〒297-0201 千葉県長生郡長柄町上野521-4
アクセス 車で茂原北ICから14分
埼玉県戸田市講習場 ケイマックス屋内練習場
住所 〒335-0031 埼玉県戸田市美女木3-20-3
アクセス 武蔵浦和駅からバスで17分

業界屈指!
卒業後のアフターフォロー

法律改定時の通知のイメージ画像
法律改定時の通知
月2回の最新情報メール配信のイメージ画像
月2回の最新情報メール配信
国交省飛行申請サポートのイメージ画像
国交省飛行申請サポート
ドローン購入・保険サポートのイメージ画像
ドローン購入・保険サポート
無料練習会のイメージ画像
無料練習会
ドローン事業運用サポートのイメージ画像
ドローン事業運用サポート

目的に合わせた充実コース

スタンダードコース

2日間:140,000円(税抜)

ドローンの運用に必要な知識と基本操作を学びます。少人数制の講習で、2日間でもしっかり技能を取得可能!
詳しくはこちら

屋根点検コース

3日間:200,000円(税抜)

ドローンの基礎を学ぶスタンダードコースに加え、屋根点検に必要な技能や知識を現場で実際に体験し、学びます。
詳しくはこちら

マイクロドローンコース

70,000円~(税抜)

昨今注目を集めており、繊細なコントロールを必要とする超小型ドローン(マイクロドローン)。大型機とは違った視点の撮影に必要な知識と技能を学びます。
詳しくはこちら

ビジネスに特化した
専門コース

ビジネス空撮コース

2日間:200,000円(税抜)

大手民放のテレビ番組や映画といった映像作品の空撮を担当するパイロット直伝!撮影技法とカメラ知識を伝授します。
詳しくはこちら

ビジネス赤外線コース

2日間:200,000円(税抜)

年間100件超の屋根、外壁の赤外線点検をこなすスペシャリストによる赤外線点検指南!赤外線点検の一連の流れを体感しながら学びます。
詳しくはこちら

ビジネス
エンタープライズコース

2日間:200,000円(税抜)

赤外線点検も、空撮もバランス良く学びたいという方へ!ドローン事業を肌で感じたい経営者の方にも好評を頂いているコースです。
詳しくはこちら

各ドローンスクールコース詳細

スタンダードコース
(2日間)

ドローンパイロットとしての基礎を学ぶ2日間のコースです。
1日目の午前は講義形式の学びを行い、午後からは実技に入ります。2日目は終日実技となります。

講義の内容としてはドローンの概要を知識として獲得した上で法律について重点的に学びます。講義終了後にはテストを行い講義内容の習熟度を確認します。午後からの実技では実際の操縦を行います。
2日目は終日実技を行います。1人のインストラクターにつき上限として生徒は2人なので、細かく手厚い指導体制により練習を行うことができます。ドローンパイロットとしての資格を取るためには10時間の飛行経験が条件なので、これを満たすためにしっかりと2日間実技を行います。

通常のドローンはGPSが搭載されていて、電波が届く限りは安定した飛行が可能なのですが、場所や気象条件によって電波が届かなくなる場合があります。このように非GPSになった時にも対応できるように、練習用のドローンはあえてスペックの低い機種で行っています。

屋根点検コース
(3日間)

昨今では建設業におけるドローンの運用が増えてきていますが、中でも屋根点検は費用面や安全面からドローンの需要が高まっている分野です。ドローンフロンティアの屋根点検コースは、屋根点検をビジネスとして行っている建設業の方へ向けた内容となっており、実践に近い学びを提供しています。

最初の2日間はスタンダートコースと同じ内容で、法律等の知識の獲得と基礎的な操作技術を学びます。3日目には屋根点検の現場にて講習を行います。戸建ての住宅を3~4件まわり、インストラクターと一緒に撮影を行います。練習場と違い実際の現場では電線や隣接する建物など障害物が多々あるので、これらに気を付けながら事故を起こさないように点検を行います。

マイクロドローンコース
(3日間、5日間)

超小型のドローン「マイクロドローン」の操縦を学ぶコースです。このマイクロドローンは通常のドローンとは全くの別物で、飛行操作そのものと撮影を楽しむためのものなのでGPSの搭載はなく操縦の難易度も高いです。

コースは3日間のものと5日間のものに分かれます。最初の2日間はスタンダートコースと同じ内容で、法律等の知識の獲得と基礎的な操作技術を学びます。マイクロドローンは航空法の規制対象ではないのですが、代わりに電波法という法律が関係してくるので、講義の内容は法律面に関して多少の変更があります。

3日目以降は実際にマイクロドローンのコースを飛ばします。インストラクターの中にはレース経験者や海外大会入賞者などもいるので、レベルの高い指導を受けることができます。
マニュアル操作になるので高いスキルが必要になってきますが、マイクロドローンならではのユニークな構図やアングルなどは他に類を見ないものであり、その魅力をコースの中で余すところなくお伝えしていきます。

ビジネス空撮コース
(4日間)

映画やCMなどビジネスとして使用する映像を撮影する技術を身につけるためのコースです。ビジネス空撮コースを修了すると、ドローンパイロット一級の資格を取得したことになります。学びによって確実に獲得できる知識や技術に加えて、創造性や感性も必要になってくるのがビジネス空撮コースの特徴でもあります。

コースは4日間になります。最初の2日間はスタンダートコースと同じ内容で法律等の知識の獲得と基礎的な操作技術を学び、残りの2日間は現場にて撮影を行います。インストラクターはビジネスとして日常的に空撮を行っている現役パイロットがほとんどなので、現場で起こり得るトラブルなども想定しながら技術とセンスの両方を学びます。

ビジネス赤外線コース
(4日間)

建設業におけるドローンの需要は年々高まっていますが、外壁調査でもドローンは大活躍しています。足場を組まずに外壁を調査する方法はいくつかありますが、ドローンによる赤外線撮影は人が直接的に外壁にアプローチすることはないので、安全面においても評価されています。

コースは4日間になります。最初の2日間はスタンダートコースと同じ内容で、法律等の知識の獲得と基礎的な操作技術を学び、残りの2日間は現場にて撮影を行います。ビジネス赤外線コースを修了すると、ドローンパイロット一級の資格を取得したことになります。インストラクターとしては飛行時間1000時間を超える熟練のパイロットと赤外線の画像診断の公的資格を取得している専門担当スタッフが在籍しているので、実践的なスキルを確実に身につけることができます。

赤外線調査では撮影とその後の画像解析の両方が必要になってきますが、ビジネス赤外線コースでは撮影技術の習得を重点的に行います。撮影の角度や対象物との適切な距離など、その後の解析に適した画像とはどのようなものかを実践的に学びます。画像解析に関しては概念としての学びはありつつも、実際の解析スキルを身につけるためにはその後の経験が重要になってくるので、コース修了後に実践を多く積むことによって赤外線調査のスキルを完成させていきます。

ビジネスエンタープライズコース
(4日間)

ビジネス空撮と赤外線撮影の両方を効率よく学びたい方へ向けたコースです。それぞれの実務的なスキルを実際の現場で学びながら、ビジネスの中でどのようなドローンソリューションが可能かということを総合的に学んでいきます。

コースは4日間になります。最初の2日間はスタンダートコースと同じ内容で、法律等の知識の獲得と基礎的な操作技術を学び、残りの2日間は現場にて撮影を行います。ビジネスエンタープライズコースを修了すると、ドローンパイロット一級の資格を取得したことになります。

空撮や赤外線調査以外でも、ドローンが活躍できる分野はまだまだあります。どのようなビジネスシーンにドローンは向いているのか、あるいは求められているのか共に考えていきます。

卒業生の声

建設業/株式会社4U
上田 雅人様

建設業/株式会社4U 上田 雅人様の画像

【ビジネス赤外線コース卒業】

スタンダードコースを以前に受講し、初心者にも分かり易くとても良かったので、続けてビジネスコースも受講させていただきました。講師、スタッフが親切丁寧に教えてくれます。そして実践的な内容にとても満足しています。その後のアフターケアも手厚くありがたいです。

建設業/有限会社鈴木塗装
山見 陽一様

建設業/有限会社鈴木塗装 山見 陽一様の画像

【ビジネス赤外線コース卒業】

自然豊かな絶好の環境の中、楽しく充実した研修でした。
最初は思うように操作できずに苦戦しましたが、経験豊富で優しいインストラクターの的確なご指導でメキメキ上達していくのが体感出来ました。

K-1・krush元スーパーライト級チャンピオン
寺崎 直樹様

K-1・krush元スーパーライト級チャンピオン 寺崎 直樹様の画像

【スタンダードコース卒業】

私は現在WEB制作の仕事をしているのですが、法律・基本技術からしっかりと教えていただけたので今もトラブルなく今も空撮を楽しんでおります。受講していなかったらドローン撮影の仕事がなかったと思いますので、スタッフの方々に本当に感謝しております。

私たちは建設業におけるドローン活用を促進しています お問い合わせ