ドローンを使用した赤外線外壁調査

【安心】 最新のハイスペックドローン&カメラを使用

【安全】 国土交通省認定の管理団体による安全第一の調査

【信頼】 年間150棟を超える国内屈指の赤外線解析実績

赤外線調査とは?
その信頼性は?

建築基準法に基づく調査において、
国や地方自治体からも認められている手法です

株式会社4Uのバナー

赤外線調査は対象物との温度差を利用します。
外壁タイルやモルタルに浮きができると隙間の空気が温められる為、正常な壁面と比較すると高い温度分布を示します(日中の調査の場合)。

弊社では日照が十分な環境で、かつ赤外線に関する豊富な知見と経験により正しい手法で撮影することにより高い信頼性を持った調査を行うことが可能です。

その結果が認められていることは、国土交通省住宅局建築指導課や東京都都市整備局市街地建築部建築企画課発行の資料により確認できます。

どんな場面で
使われるか?

①ビル・マンションの大規模修繕・調査・積算

調査期間を短縮しつつ全面点検が可能になることにより、ビルやマンションの大規模修繕にあたっての積算結果の乖離を減少することができます。

②12条点検

建築基準法12条に定められた定期報告制度の見直しにより、赤外線カメラを利用した外壁点検は国、地方自治体から認められています。

③雨漏り・漏水調査

赤外線の温度変化を画像として捉えることが出来るので、雨漏りや漏水の調査を行うことも可能です。

赤外線調査のメリット

コストをあまり
掛けたくない…

仮設設備不要の安全な低コスト点検

従来の点検を行う為には足場、ゴンドラといった仮設設備の設置のみで数百万円以上かかりますが、ドローン飛行に仮設設備は不要です。
適切な運用により事故リスクも限りなく0に近づきます。

調査に時間が
かかる…

ゴンドラは足場の1/3、ドローンはゴンドラの1/10以下

設備の仮設期間だけでも足場は1か月程度、ゴンドラは10日程度かかることがありますが、ドローン外壁点検は最短半日程度で準備から撮影調査まで完了することが可能です。

調査の品質が
心配…

どの階でも、どの位置でも高精細な画像で比較検証も容易に

赤外線画像は対象からの撮影位置で品質が大きく左右します。
自由自在に上下左右の移動が可能なドローンであればマンションの高層階も地上と同じ画角で、かつ高精細な画像で品質の高い調査を行うことが可能です。

弊社の強み

①経験豊富なパイロット

総飛行時間1,000時間以上のパイロットが多数在籍!
安全第一の飛行をお約束します

②赤外線診断の公的資格取得

公的資格取得済の専門担当・自社スタッフによる
年間150棟以上の画像解析診断実績があります

③日本全国における飛行許可取得済

都市部でもOK!
全国どこでも出張可能な体制を整えています

使用機材

DJI Matrice 300 RTKの画像

DJI Matrice 300 RTK

最大飛行時間約40分、10cmのホバリング精度、6方向障害物検知といった高い機体性能に加え、温度分解能0.05℃の高性能赤外線カメラ、最大200倍ズーム可視カメラ、レーザー距離計測機能が1つになった「Zenmuse H20T」を搭載。

DJI Matrice 210の画像

DJI Matrice 210

最大飛行時間約30分、前方/上方障害物検知機能を持つ。温度分解能0.05℃の高性能赤外線カメラ、4K解像度の可視カメラが1つになった「Zenmuse XT2」を搭載。30倍ズームカメラと2台同時に搭載して運用することも可能。

従来の調査との比較

項目 ドローン×赤外線調査 従来の調査方法(打診法)
コスト
足場等、仮設設備の設置不要
×
高層建造物の調査は仮設足場が必要
診断品質
使用カメラ性能及び解析者の経験による

診断者の経験と感覚による
診断期間
1日でマンション1棟を調査可能
×
仮設足場が必要な場合は複数日を要する
気象条件
天候の影響を受ける(雨天・曇天不可)

天候に左右されにくい
外壁への影響
非接触の為、外壁への影響無

浮きの広がりや剥離発生の可能性有
居住者への配慮
騒音小だがプライバシーへの配慮は必要
×
仮設設備設置、調査に伴う振動・騒音の発生

サービス料金

¥390
(調査面積1㎡あたり・税別)

ドローンのみを使用した場合の調査撮影・画像解析報告書の作成にかかる料金です。
調査面積によって1㎡あたりの価格は変動致します。
別途、移動交通費を申し受けます。

ロープアクセス調査を使用する場合は1㎡あたり500円(税別)、
地上警備員、安全対策費、諸経費を別途申し受けます。

なぜ選ばれるのか?

★業界屈指の実績

12条定期報告、建物診断、雨漏り・漏水調査など多岐にわたる調査を年間150棟以上対応
マンションだけではなく商業施設、ホテル、学校、病院、工場、物流倉庫といった多種多様な物件で蓄積されたデータによる、精度の高い画像解析

業績のイメージバナー

★建設業界との強い連携

300以上の加盟社数を誇る総合建設業組合GCU(GlobalConstruction Union)との密接な連携

総合建設業組合GCUのバナー

★ロープアクセス調査会社との提携

どんなビル・マンションでも全面、高品質な点検が可能

株式会社4Uのバナー

ご安心ください

5億円補償の保険加入済み

5億円補償の保険加入済みのイメージ画像

日本全国
飛行可能な許可取得済み

日本全国飛行可能な許可取得済みのイメージ画像

万全の事故防止対策

万全の事故防止対策のイメージ画像
お問い合わせ